2015.8.21 1173 『何故こんなことを今日思い出したのだろうか、』

08 24, 2015 | 日記2015

0

・「夏休みの宿題」というと小学生のことみたいだけれど、高校生にもなれば、宿題というより課題と呼ばれるもので、ぼくの高校は一応進学校だったから、休み明けに課題を提出しないことなんてありえない、けれど、ぼくは提出しなかった、できなかったというより、提出する気もなく、ごまかした。

 ごまかし通すことに労力を使った気もするけれど、どうごまかしたか、は覚えていない、ごまかすことに成功した、というより、先生方が呆れて追求する気が失せてしまったのかもしれない——何故こんなことを今日思い出したのだろうか、

—————————

・昨日書いた山下清の言葉は、「方法としてそうした」ではなく、「そうなった」ということで、それが重要、と思う。

・「方法としてそうした」とか「技術的に」とか、そうじゃない場所で書かれるからこそ、受け手の身体がよじれるような表現ができるのだろう、方法としてそれをやっても、それは受け手にばれるし、それは誰の芯も揺らさない。

« 2015.8.22 1174 『逸脱する自由』 2015.8.20 1172 『行為の中に生まれた思考、運動、軌跡』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ