2015.8.13 1165 『墓参りの途中でウドの花を知る』

08 15, 2015 | 日記2015

0

・タラの木の小さな白い花が咲いているのを眺めていたら、足元に咲いている花を指差して、伯父が「これ何の花だがわがっかや?」「知らね」「ウド」。墓参りの途中でウドの花を知る。

・春の山菜として新芽を食べるものは、お盆の時期に花を咲かせるものが多いらしい。

« 2015.8.14 1166 『曇り空に花火』 2015.8.12 1164 『甲子園をずっとラジオできいている』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ