スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.8.12 1164 『甲子園をずっとラジオできいている』

08 13, 2015 | 日記2015

0

・最近あまり頭を使わない、と思っていて、きっと仕事中に甲子園をずっとラジオできいているからだ、と勝手にこじつけた。ラジオの野球中継って、テレビのバラエティーと似ていて、ただ耳とか眼とか動かしているだけで情報が入ってくるもので、こちら側の働きかけはほとんど必要がない、頭を使う必要がない。

 甲子園とくだらないバラエティー番組の内容が一緒だ、というのではなく、こちらの働きかけ(集中して何かを汲もうとする)が必要なく、言葉や映像を浴びていれば事足りる、という部分が似ている。甲子園のラジオ中継は実況の人がうまければうまいほど、言葉からイメージは容易に喚起されるのだし、なおさらこちらの想像力は必要なくなる。

 だから何だ、ということはないけれど、普段のラジオ番組であれば、「聴く」という行為にもう少し頭を使う。本を読もう。甲子園も聴こう。

——————

・そうか、技術が高くなればなるほど、受け手の「想像力」は失われていく(必要なくなる)のか、と書きながら思う。技術の進歩と想像力の危機。望んでいたものが実現していくことによって奪われてしまうもの。

« 2015.8.13 1165 『墓参りの途中でウドの花を知る』 2015.8.11 1163 『規範の外に漏れ出ていく』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。