スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.7.28 1149 『ピーター・バラカンは「音楽」の話しをしていて、「業界」のことなど歯牙にも掛けない』

07 28, 2015 | 日記2015

0

・車の中でずっと、届いたデレク・ベイリー「Miracles」ばかり聴いている。

・何度聴いても、曲を少しも覚えることができない、という凄さ。毎回初めて聴くように音を追うしかない。

・「CDの売れ行きが以前に比べて少なすぎる」などということが、音楽業界の低迷、というのならば、そんな業界はすぐにでも終わればいい。そこだけを論じる業界そのものがおかしいのだから。そもそもCDが異常に売れた時代の音楽にまともな音楽が在ったのかどうか。フォーマットがCDからダウンロードへ移行していく様を憂いているのは、結局その時代の恩恵を受けた人ばかりで、それは「業界」の話しであって、「音楽」そのものの話しを誰もしていない。

・ピーター・バラカンは「音楽」の話しをしていて、「業界」のことなど歯牙にも掛けない。

« 2015.7.29 1150 『音を媒介にして言葉を伝える のではなく 出音すること そのものが』 2015.7.27 1148 『とにかく書く。という日記』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。