スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.7.25 1146 『一人は山形に、一人は神戸に』

07 25, 2015 | 日記2015

0

・【誰かのライブを体験しながら 「あ、この人は昨日もこれと同じ演奏をして同じMCをしたんだな」と感じた瞬間 飽きる ぼくの中で それは「ライブ」でなく 「営業」】

・と一昨日酔いながらツイートした、自分の書いたことだけれど、そうだよな、と思う。

・音楽でメシを食う、ということがその人(音源を売る手段としてライブをしている人)にとって一番大事なのかもしれないが、食べるために、音源を売るために——という、その地点からなされるライブほどつまらないものはない。ライブを馬鹿にしてますよ。

・「音源なんて、そんなものはつくらへん」と、ある人は、神戸で呑みながら言った。そこが凄いと思う。切望されているにも関わらず、彼はそれをやろうとしない。もし今後、彼が音源というものをつくるとしても「言うてること違うじゃないですか」などとぼくは言わない。彼の根っこにあるのがそういう考えだということを知っているから、きっとぼくは歓ぶと思う。

・いろいろとライブを見てきたけれど、見てきたなかで、自分と同じような考えを持ってライブに向き合う人を、今のところ二人しか知らない。一人は山形に、一人は神戸に。二人とも、思考だけでなく、音そのものがスペシャルだ。いや、その思考があるからこその。紡ぐ音にそれが現れる。

« 2015.7.26 1147 『記述するということの目的と対立し』 2015.7.24 1145 『今はミンミンゼミの』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。