スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.6.23 1114 『昼過ぎには雷が鳴るらしい』

06 24, 2015 | 日記2015

0

・寺の参道の松を手入れしながらラジオから聞こえてきたのは、「自分らしく生きよう〜、それが一番だよね〜」とかいう歌詞のついた曲で、それは子ども向けの「みんなのうた」に使用されているらしいのだけれど、前から思っていたことだけど「自分らしく生きよう」という言葉は、何かを言っていそうで実のところ何も言ってないに等しい、と、また思って馬鹿馬鹿しくなって、こういうことを歌う人は以外に多くて(大人向けの音楽でも)、それが何か素敵なメッセージソングだと思っている人がたくさんいるのは、なんかださい、そんなの何も言ってないのと同じで、「自分らしく生きる」という言葉が、大体にしてもう既に多数の側からの罠、呪いのようなもので、「自分らしく生きる」という言葉に囚われながら探した先に見える「自分らしい」生き方をしているのが「自分」なのか? ぼくにはわからない。昼過ぎには雷が鳴るらしい。

« 2015.6.24 1115 『その一回性ゆえに』 2015.6.22 1113 『どうしてもというのなら』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。