2015.6.22 1113 『どうしてもというのなら』

06 23, 2015 | 日記2015

0

【子どもたちに、わかりきった道を示すのはよしてくれ。どうしてもというのなら、人生の魅力だけを教えてほしいんだ。】ジョルジョ・ガーベル

・お寺の境内を自転車で走り回る小学一年生の孫娘。の声を聞きながら梅割りの作業をする住職。境内の日陰であくびをする柴犬。良天。

« 2015.6.23 1114 『昼過ぎには雷が鳴るらしい』 2015.6.21 1112 『ヤニを出すより先に、雨に濡れていく』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ