2015.6.16 1107 『フリークライミングの、次にどこに手をのばすべきか』

06 17, 2015 | 日記2015

0

・言葉。

【僕が小説を書くとき自分に課しているのは、「時間がかかることを書く」。「書きにくいことを書く」。フリークライミングの、次にどこに手をのばすべきか、とっかかりを捜している状態に近い。】保坂和志

・音を発する、もそう在りたいと、おもう。

« 2015.6.17 1108 『オレンジの灯りに照らされて待ち人』 2015.6.15 1106 『血が必要というのであれば』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ