2015.5.9 1071 『何かと思ったら、それは花で』

05 10, 2015 | 日記2015

0

・植木市二日目。屋台と屋台の隙間から自転車に乗った女の子が転ぶのが見えた。カゴからビニールに入った荷物が転がる。自分の怪我を確認するより、倒れた自転車をおこすよりも、まっ先に、ビニールの中身を確かめる女の子。何かと思ったら、それは花で、そうか、カーネーションか。

・予報より早く降り出した雨に、傘のない人々が屋根のある場所に集まって雨宿り。通り雨だと思った雨は、強弱を繰り返しながら降り続いたので、雨が強くなる度、傘のない人々がどこかしらの屋根の下にワーワーいいながら避難した。焼き鳥屋は変わらず串をくるくると返し続けている。

« 2015.5.10 1072 『植木市三日目』 2015.5.8 1070 『夜道に屋台の灯りが灯る』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ