2015.5.7 1069 『襤褸は寝ている』

05 10, 2015 | 日記2015

0

・言葉。山之口貘詩集より。

「襤褸(ぼろ)は寝ている」

野良犬・野良猫・古下駄どもの
入れかわり立ちかわる
夜の底
まひるの空から舞い降りて
襤褸は寝ている
夜の底
見れば見るほどひろがるようにひらたくなって地球を抱いている
襤褸は寝ている
鼾が光る
うるさい光
眩しい鼾
やがてそこいらじゅうに眼がひらく
小石・紙屑・吸殻たち・神や仏の紳士も起きあがる
襤褸は寝ている夜の底
空にはいっぱい浮世の花
大きな米粒ばかりの白い花

« 2015.5.8 1070 『夜道に屋台の灯りが灯る』 2015.5.6 1068 『!?』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ