スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.3.20 1021 『照ノ富士が勝ってしまって』

03 20, 2015 | 日記2015

0

・川の手前に車を停めてギターを弾く。雪で閉ざされていた上流の場所。ようやく出入りできる季節になった。対岸にシロサギが一羽、川の側をゆっくりと歩きながら餌を伺う姿を目で追いながら、指はギターの弦を擦る。この時期の川の流れは激しく音も大きくて、歌声は川の音に途端にかき消される。あるいは混じる。

・切った山茱萸(サンシュユ)の枝をもらってきて、水に生ける。既に、生けた時より蕾が膨らんでいる。気がする。小さな黄色い花。春を連れてくる小さな黄色い花。

・どうしても白鵬と照ノ富士の相撲が見たくて、河原から帰宅。照ノ富士が勝ってしまって、声を上げ、手を叩く。勢いでビールを呑んでみる。

« 2015.3.21 1022 『根っこの部分まで共有するくらいの覚悟で』 2015.3.19 1020 『土手に生えるフキノトウらしい色味のドット』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。