2015.3.5 1008 『酔っぱらったピアノを弾け』

03 08, 2015 | 日記2015

0

「芸術」

精神が
衰える
につれて
その
形式が現れる

チャールズ・ブコウスキー『指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け』p,238より。


・小雨の、降る、散歩、ライトニン・ホプキンス、聴きながら。

« 2015.3.6 『1009 学問とか観念とか思想とかに夢中になっている人たちは』 2015.3.4 1007 『久しぶりの散歩』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ