2015.3.3 1006 『柳家喬太郎』

03 04, 2015 | 日記2015

0

・隣町の温泉に落語を聞きにいく。柳家喬太郎。凄い人。ああいう人を体験すると地肩の違いを見せつけられる気がする。地肩の強さとその地盤の上に咲くセンス。求道する心。

・マディー・ウォーターズ「フォークシンガー」「ニューポート」ばかり聴いている。ブルースの制約の先にある自由を聴く。

« 2015.3.4 1007 『久しぶりの散歩』 2015.3.2 1005 『「オリジナル」というのは、何をいうのか』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ