2015.2.28 1003 『思い切って遊べ』

03 01, 2015 | 日記2015

0

・他の本屋で探しても置いていなかった田中克彦「ことばと国家」を見つけて買う。古本コーナーで中村とうよう「俗楽礼賛」を買う。


・言葉。横尾忠則「見えるものと観えないもの」、黒澤明との対談より。

【横尾——子供が水遊びしたり、砂遊びしたりするときの感じと、芸術家が作品を作るときの感じっていうのはすごく近いものだとぼくは思うんです。そういう意味で、黒澤さんは、日本の映画監督の中で、例外的に上手にあそんでいらっしゃる監督さんなんじゃないのかなあ。

 黒澤——全くその通り。ぼくは、スタッフにはいつも各パートごとに思い切って遊べって言ってるんですよ。】

« 2015.3.1 1004 『買っておいた砂肝を炒めて』 2015.2.27 1002 『海となった』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ