2015.2.24 999 『大きな声が遠くまで届くとは限らない』

02 25, 2015 | 日記2015

0

・大きな声が遠くまで届くとは限らない。
 小さな声で語られた言葉が遠くの誰かに響くことがある。

 青森の美術館でみた女性たちの織物。
 遠くの誰かのためにではなく、家族のため、
 家族の身体を寒さから守るため、こつこつ針を通す。

 そうしてつくられた日用の道具が収集家によって集められ、
 その展示を未来に生きるものたちが見てそこに流れた時間を感じとる。
 糸は繋がる。

« 2015.2.25 1000 『土の匂いのしない言葉を僕は信頼することが出来ない』 2015.2.23 998 『我が子の身体を避けてゆけ』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ