2015.2.23 998 『我が子の身体を避けてゆけ』

02 23, 2015 | 日記2015

0

・冬の厳しい寒さの中で、家族を思い、織る人。縫う人。に移入する。家族の日常に添う品を紡ぐ女性。が入り込んでくる。青森で織物の展示を見たからだろう。民芸品にしか宿らないものがある。


・冬の 
 雪の
 風の
 冷たさよ
 
 どうか
 我が子の身体を避けてゆけ

« 2015.2.24 999 『大きな声が遠くまで届くとは限らない』 2015.2.22 997 『母国語においてもわたしはカタコトでありたい』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ