2015.2.17 992 『矯正は始まる』

02 18, 2015 | 日記2015

0

【先生の教えたこと、学校の規則に抵抗感なく適応する子だけが、成績がいいという評価を受けてしまう。】岡本太郎

・今日はなんとなくこの言葉。けれど、この言葉だけでは言い切れていないとも思う。

・成績というか、音楽でも絵でも書道でも、評価(賞)を与えるのが頭の凝り固まった大人(先生)ということ。そこから子どもの矯正は始まる。


« 2015.2.18 993 『ゼロは難しいが』 2015.2.16 991 『身体に刻まれた「身体性としての訛り」』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ