2015.2.8 982 『ピカソを見てもまだ理性的な処理を』

02 09, 2015 | 日記2015

0

・言葉。横尾忠則「見えるものと観えないもの」。

【自分のなかに積極的な自分と消極的な自分がいて、それが闘っているように見えるんです。その上に、それを見ている第三者の自分がいる。さらにもう一つ上に第四の自分がいて、全体を見ている。つまり、その両方をひっくるめて、つまらないなァといっているニヒリズムな自分がさらにいるような気がしてならないんですがね。】p215 横尾

【ピカソを見てもまだ理性的な処理を感じます。】p219 横尾

« 2015.2.9 983 『至るという言葉がそもそも間違いか』 2015.2.7 981 『自分の身体を聴く』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ