スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.2.7 981 『自分の身体を聴く』

02 08, 2015 | 日記2015

0

・仙台Vorz Barにてライブ。ざ・べっがーずから弾き語りで、佐山アキ。と一緒に。

・常にバンドで演奏している人間が弾き語りでステージにあがるのは大変なこと。単にバンドの音から他の楽器の音を引いた、その残りが弾き語りというのではつまらない。弾き語りなのだから、ひとりなのだから、バンドでは出来ないことをやること。好き勝手に。一定のリズムで演奏するひつようだってない。自分の身体を聴く。こと。

・好き勝手に、といわれて人はどれだけ好き勝手にやることが出来るか。好き勝手に演奏してみろ、といわれてその好き勝手にやるということがどれほど難しいことかを知る。岡本太郎がいう「デタラメな絵を描いてみな」に近い。

・静かな声を遠く深く届かせる。そのような歌。課題。

« 2015.2.8 982 『ピカソを見てもまだ理性的な処理を』 何をやろうか、、、 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。