スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.2.6 980 『私の中の他者。の時間。』

02 06, 2015 | 日記2015

0

・河原にギターを弾きにいく。歌を歌いに。車に流れるのは高田渡の「石」。プレーヤーとしての自分の音楽の狭さを知る。広いことがいいか、というのは別だが。練習というのとも違う、指に任せる時間。子どもらの遊ぶのを見守っている感覚。見守っているつもりが、自分の想像を越えた遊びをする子どもに驚く、そんな時間。自分の指であっても、それが自分のものとは思えないような時間、私の中の他者。の時間。

・河原の土手を母親に見守られながら、ソリ滑りをする子どもたち。それをたまに眺めながらギターを弾く男。ソリ滑りして遊ぶ子どものようにギターを弾こう、などと思いながら。

« 何をやろうか、、、 2015.2.5 979 『純粋追求がいかに』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。