2015.1.21 964 『はじめてやるときのように』

01 22, 2015 | 日記2015

0

・知ってる曲をやるときにも、はじめてやるときのようにやる。自分の曲にしても。痴呆老人のように、世界をみる。毎度違うものが立ち現れる。

・屈する、とか、屈することはない、とか、それがどういうことか、ぼくの頭ではよくわからない。わかりたいと思うけれど、わからない、と思う。

« ライブのお知らせ。 2015.1.20 963 『孫娘を学校に送るじいさんに、自分がなったように感じる』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ