スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.1.17 960 『考えるなら、何万年か先を考えたい』

01 18, 2015 | 日記2015

0

・言葉。保坂和志×湯浅学「音楽談義」より。

【——いまなにかをやることのほうが大切であってね、十年後、二十年後の自分の保険のためじゃないんだよ。穿ったいい方をすれば、先を考えないでできることが将来の自分を支える、つくり出す、とはいえるかもしれないけど、でもそんな保証もないんだよ。そもそもそれはちがう次元のことでもある。デレク・ベイリーに向かって「それでいくら儲かるんですか?」って訊けないでしょ(笑)?】保坂 p,243

【先を考えたらダメなんだよ。その先まで考えないことが大事なんだ。できることなら路傍の石でいたい気持ちはある。けれど石が置いてあると、なぜここにあるんだろうと思っちゃうじゃない。それがすでに石に負けている。石はそんなこといわないしね。人間はそういうところがものすごく不自由だから。考えるなら、何万年か先を考えたい。】湯浅 p,234,244

« 2015.1.18 961 『なにもしていないようなひと、子どものころからすごい好きだもん』 2015.1.16 959 『Ten New Songs』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。