2015.1.4 947 『降り積もった夜の雪が』

01 05, 2015 | 日記2015

0

・降り積もった夜の雪が、昼の陽気でびしょびしょに溶けた歩道を、赤ん坊を胸の前に抱えて歩いてゆく母親の慎重な足取りと、抱える腕の力強さ。親子の脇を車で横切る。

・熱は下がったけれど、身体のだるさは続く。ギターだけは弾けるようだ。

« 2015.1.5 948 『あら、指さん、あなたそんな風に踊れるのね。』 2015.1.3 946 『昼過ぎにセリ田の水と、雪まじりの風が』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ