2014.12.28 940 『本物はためらいながら描くもんだ』

12 28, 2014 | 日記2014

0

・そうそう、と思う。

【前にも書いたかな? 「なんでも鑑定団」で日本画を鑑定する人が、「この絵の線にはためらいがあるからニセ物だ」と。本物はためらいながら描くもんだ。ニセ物は本物に見せるために、サッとためらわないで描く。】横尾忠則

・ためらいの集積。やる側の人間にしかわからないことがある。ライブだってそう。

« 2014.12.29 941 『鳴き声』 2014.12.27 939 『祈りにも似た』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ