スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.26 938 『手で覚えでっから、せづめいさんね』

12 27, 2014 | 日記2014

0

・セリ摘み作業をしながら、先輩と、お弁当の時に漬け物をもってきてくれたおばあさんの話をしていて、あの漬け物はどう漬けるのかおばあさんに聞いてみたい、とぼくが言うと、彼が『「手で覚えでっから、せづめいさんね」っていわれだらどうすっべ。』と言って、「手で覚えているから言葉で説明できない」という言葉は素敵だな、と思った。

・何もかもが、マニュアルがあればなんとかなる、という勘違いの氾濫する世の中で、身体が覚えていて、伝達の手段が言葉ではない、という、その、時代と逆行する在り方。が在る、ということ。

« 2014.12.27 939 『祈りにも似た』 2014.12.25 937 『をわたしはもたない」 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。