スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.20 933 『なんどもいう。そこに金の絡む余地は、やはりない。』

12 21, 2014 | 日記2014

0

・車の中でギターを弾き、うたう。ようやく見つけた場所で。ああ。ギターを弾いて歌う時間にしか起こらないものがある。この瞬間はほかのことと取り替えがきかない。日々、日々、この瞬間を掴むための時間をもっとつまなければ、と思う。

・ここが出発の地点。なんどもいう。そこに金の絡む余地は、やはりない。自分の身体にとって、その瞬間を掴むこと、それ自体が歓びで。それ以外(表現を誰に向けるかなど)のことは、別に考えなければならないこと。

« 2014.12.21 934 『今年のライブ納め。タージにて。』 2014.12.19 932 『どうしようもないので、いつもいくスーパーの第二駐車場の』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。