2014.12.18 931 『セリ田の水に浸かる時間の中にしか起こらない感覚。の捉える光景』

12 18, 2014 | 日記2014

0

・降り続く雪の途切れた後の。急な太陽の光。雪で塞がれていた感覚が起きる。二羽のセキレイの戯れる声、羽音。遠くの山並の白。

・セリ田の水に浸かる時間の中にしか起こらない感覚。の捉える光景。

« 2014.12.19 932 『どうしようもないので、いつもいくスーパーの第二駐車場の』 2014.12.17 930 『私は場面ごとにセリフを書いた。どんな結末になるのかたいした手がかりもないままに』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ