2014.12.16 929 『不規則な寝息をたてて眠るおばあさんの向かいのベッドで』

12 17, 2014 | 日記2014

0

・不規則な寝息をたてて眠るおばあさんの向かいのベッドで病院食を食べる。おばあさんに意識はなく眠りつづけている。見舞いにきた娘たちが看護師の「耳は聞こえていますから、たくさん話しかけてくださいね〜」の言葉を受けて言葉をかける。病院食も悪くはない。

・死にゆく人を日常的に見つづけるような職業についている人の「死」という言葉には、どんな意味が与えられるのだろうか。看護師の動きを見、会話を聞いているとそんなことを思う。

« 2014.12.17 930 『私は場面ごとにセリフを書いた。どんな結末になるのかたいした手がかりもないままに』 2014.12.15 928 『ベッドの上からの日記』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ