スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.8 921 『書く、書きつづける、停まらないで書く、ペンのうごきをじゃましない手と身体の姿勢』

12 09, 2014 | 日記2014

0

・今日の言葉。高橋悠治『カフカ 夜の時間』より。

【——ペンがひっかかると、センテンスの途中であっても、耳元でことばをささやく声はそこで途絶える。ページの上の一本の横線が断ち切られた流れを終わらせる。未完成の断片にまじって、たまには最後まで書かれた物語もあったが、それらもそのまま見捨てられていた。何を書くか、どう書くか、ではない、書く、書きつづける、停まらないで書く、ペンのうごきをじゃましない手と身体の姿勢が、作家カフカだったと言えるのではないか。】p.188「新版へのあとがき」より。

« 2014.12.9 922 『殴り書き。メモ。』 2014.12.7 920 『光。跳ねる水。子ども』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。