2014.12.3 916 『みぞれ状態で十センチ以上積もる雪に』

12 04, 2014 | 日記2014

0

・みぞれ状態で十センチ以上積もる雪に、長靴を履いていても体温は奪われて、震えながら作業をしたのは、十時までのことで、休憩の間に、長靴に新聞紙を敷き詰め、靴下を二重に履き、ももひきをはいて、カッパも厚手のものに変え、その後は寒さに震えることなく作業を進める、相変わらず雪は重々しく降り続いている。

« 2014.12.4 917 『付箋、ではなく、鉛の線』 2014.12.2 915 『アンコール』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ