2014.11.29 912 『終わりない足音。それはかりそめの音楽。』

11 30, 2014 | 日記2014

0

・考えるより先に書いてしまいよ。検閲のシステム。自分自身への。その目が働く前に。跳び跳ねるように。踊るように。言葉が言葉になる手前の動きを失っていない音。

・ドアを開ける。
 長く暗い廊下。
 灯りが見える。
 それは灯り?
 
 俯瞰の視線。
 一歩足を進めるたびに。
 廊下は伸びていく。
 男にはそれがわからない。
 いやわかっている。

 終わりない足音。
 それはかりそめの音楽。

« 2014.11.30 913 『世界のほんの端でもいいから、傷跡をのこしたいという衝動』 2014.11.28 911 『福家さんのドラムの音』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ