2014.10.25 877 『光の気配だけ』

10 26, 2014 | 未分類

0

・身体すら放り出して、細い一本の糸だけが、世界との繋がりのようで、もはや、糸すらなく、全てが溶けて…

・光の気配だけを微かに感じている。

« 2014.10.26 878 『そこには「身体性」がない』 2014.10.24 876 『おれはひとりでやるよ』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ