スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.18 870 『セイタカアワダチソウが群れて、揺れている』

10 19, 2014 | 日記2014

0

・セイタカアワダチソウが群れて、揺れている。どうもぼくの心はあの色に引寄せられない。どこか外の国からやってきたその植物も、いまではこの国の立派な秋草になっている。

・昨日の引用した文章に、次の文章が添えてある。

【中原中也とか、宮沢賢治とかいふ奴はかあいさふな奴の標本だ。それにくらべて福士幸次郎とか、佐藤惣之助とかはしやれた奴だった。】金子光晴『女たちへのいたみうた』p159 「偈」より。

« 今宵。ライブ。 2014.10.17 869 『始めから反古にひとしいものを書いて』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。