2014.10.14 866 『なんでいちいち誰かに』

10 15, 2014 | 日記2014

0

・ラジオのインタビューをきいて。夢を与えたい、だの、明日への活力を与えたい、だの、そういうことを音楽の理由にしているような人間が語る言葉に辟易する。こういう言葉を吐く奴らが「売れてる側」の音楽シーンに大勢いるのだから、そりゃつまらないものしかうまれないのは当然だ。

・なんでいちいち誰かに夢とか、明日への活力を与えるために歌を歌わなくちゃならないのだろう。そういう人(与えたいという人間も、それを受け取る人間も)たちにとって、「音楽」は「行為」ではないようだ。「歌手」という「商品」か。どうでもいいことだけど。

« 2014.10.15 867 『曲は形を変えて、生まれ直す。何度も、何度も』 2014.10.13 865 『時間も名前も肉体も  溶けて』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ