2014.10.2 854 『どぶ』

10 03, 2014 | 日記2014

0

・数日書いていることは、内側への話であって、「客」へ向かう話ではない。

・「共感」も重要な要素ではない。そこを越えたところで。

・金子光晴の「どぶ」という詩に、圧倒された。

« 2014.10.3 855 『ギターに触れる指に冷たさを感じる季節になった。』 2014.10.1 853 『そこからあえて離れていくようなもの』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ