2014.9.29 851 『男の論理の働く、求道的芸術感、は大体』

09 30, 2014 | 日記2014

0

・男の論理の働く、求道的芸術感、は大体似たようなものになる、ことがわかってきた。外国人がとったドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」でもそう。

・最近はそういうものと違う場所に興味がある。

・例えば、日常で使われる「もの」、民芸品を産み出すときの、女性の手仕事など。

« 2014.9.30 852 『どんな環境でも、同じクオリティーを強いられる、それは』 2014.9.28 850 『そういう奴ら。嫌い。』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ