歌うんですよ。

10 24, 2011 | Liveのお知らせ

0
夢人LIVE 11/17(木)
ACT  THAMII / 松沢春伸
START 20:00
ライブチャージ 1500円(ドリンク別)

ライブが決まりました。
よろしくお願いします。

居酒BAR 夢人

歌います。

10 20, 2011 | Liveのお知らせ

0
SHIBA LIVE 11.7(月)
Bar Tarji 出演 SHIBA(Vo,G) 今井卓哉(Ds) / 松沢春伸
Open 19:30 Start 20:00 チャージ2000円(ドリンク別)

ライブが決まりましたので報告します。
よろしくお願いします。

2011.10.20

「うるせーこれが自分の『世界』との接し方なんだよ」と言ってやればいい。

10 09, 2011 | 戯れ言2011

0

直角三角形をしたそれほど広くない敷地に大きめの砕石が敷き詰められている空き地があって、ゴミ処理場から帰る時はいつもその空き地の横を通ることになり、そこにいつも一人で草むしりをしているおばあちゃんがいる。

おそらくスギナだと思うけれど、手前側のほうはキレイになっていて、奥の方にはまだスギナがびっしりと砕石の隙間から生えているのだから、キレイになっている手前側の方にも、もともとはびっしりとスギナが生えていて、それを午後三時半過ぎまでかけて草取りしたのかもしれないし、あるいは、もう何日もかけて今の状態に至ったのか、判断ができないけれど、草むしりしたことのある人なら分かると思うが、スギナは本当に厄介な草で、根っこが地中を這うように地下でつながっていて、上辺だけむしりとったとしても根っこを取り除かなければまたすぐに生えてくるし、引っ張ろうとしても節の部分で「ブチっ」と切れてしまう。

最近では、スギナ専用の除草剤もあって、それをまけば、庭木を枯らすことなくスギナだけを枯らすことが出来て、草むしりをする必要も無くなる。「おばあちゃん、いつも大変だな、今はスギナに効く除草剤もあるのになぁ」というようなことを草むしりをしているおばあちゃんの横を通り過ぎる時に思ったりしたのだけれど、その瞬間なんだか自分が凄く嫌な人間になった気がした。

草むしりを日課にしているおばあちゃんに向かって「いい除草剤があるから、もう大変な思いしなくていいよ」というのは全く親切にならないわけで、そんなこと言ったってしょうがないじゃないかと思う。「しょうがないじゃないか」というのは言っても無駄だという意味ではなくて、「それでいいじゃないか」という肯定の意味だ。おばあちゃんはちゃんと除草剤があるのを知っていて、そうだとしても「私にはこっちの方が性に合うのよ」と思っているのかもしれないし、そういう人に向かって「いい除草剤があるから、もう大変な思いしなくていいよ」と言ってしまうのは、進歩とか便利になることによって幸せになるんだという観念、社会の側に立ってしまうことになるわけで、だからハッとした。

だから、何が言いたいの? と聞かれると困ってしまうが、何でも効率とか、スピードとかそういうことで考えるのはよくない、とか、人間にとって社会が便利になっていくことは本当に幸せなのか、とかそういう風にもっともらしく発展させていけるような頭のいい人間ではないから、そういう事を言いたいわけでもないのだけれど、やっぱり、その人それぞれ大事にしていく時間というものがあって、その人それぞれの「世界」との接し方があるわけで、それを「社会」の側に立って物を見てしまったらダメなんじゃないか、と思う。特に何かを表現していく人間は――。

効率に任せて、スピード重視でつくられたものなんて、結局、その程度のものでしかなくて、時間の中で、やきもきしながらつくられていく物とか、感情とか、関係とかそういうものを僕は信頼する――と書いている途中、吉本隆明が「どんなに才能が無くたって、一つのことを十年続けていれば一人前のことはできるようになりますよ」というようなことをどこかで言っていたのを思い出した。前提として「十年」なのだ。それを「ながいなぁ、そんなにかかるのかよ」と思ってしまった人は重要なことが見えていない。

なんてことは蛇足であって、どうでもいいことだが、おばあちゃんは草むしりをしながら、何か考え事をしたり、最近気に入ってる歌を鼻歌で歌っていたり、そういう時間の使い方が好きなんじゃないかと思う、というかこれは僕の勝手な想像で、単に僕が木に登りながら、そういう頭の使い方をしているということに過ぎないけれど、そういう単純な作業をしながら、ぼけーっと考え事をする時間というのは結構気持ちがいい。除草剤を撒いて一気に片付けてしまうことは、そういったぼけーっと考える時間も、そこで生まれてきたであろう考えも、鼻歌も最初から無かったことにしてしまうことになる。――長くなってしまいそうなので、終わりにしよう。

2011.10.9

追記・1

人間の思考も環境に影響されるものなのだから、草というものに、草むしりで向き合う人間と除草剤で向き合う人間では思考の中身とか、様相が違ってくるだろうと思う。

追記・2

便利になっていく世の中にうんざりして、ついていけなくなっている人間のひとりとして提案。
効率だとか、便利だとかそういう観点から「遅れてない?」とか「こんな便利なものがあるのにねえ」なんて言われたとしたら「うるせーこれが自分の『世界』との接し方なんだよ」と言ってやればいい。

RSS
プロフィール

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ