線路下にトランペットが鳴り響く。

06 16, 2010 | 戯れ言2010

0
昨日の夜は、線路と、川が十字に交わるような場所で寝た。
だからといって、悪魔に魂を売り渡して得られるような、ギターのテクニックなどを授かるはずもなく。

カップラーメンを食べるために沸かしたお湯の後ろでトランペットの音が聴こえました。

川の音や、蛙の鳴き声や、草のわさわさという音や、雨が降り出しそうなにおいを嗅いでいるうちに感じたことは、何十年も昔に、同じように旅をしていた人達も、同じような音を聴いていたのだろうな、ということでした。

おそらくウディ・ガスリーなんかもおんなじように、川の音を聴いていたのでしょう。

何十年もの時間が経ったとしても、川はそこに流れていて、風が吹いて、草は揺れるのだろうと思います。

そんな些細なことに心を揺さぶられる人間が何十年か後にもいるのだろうと思う……し、いて欲しいと願う。

2010.6.16

久々にキーボードを打ったりしてみる。

06 08, 2010 | 戯れ言2010

2
最近、車中泊をしているということもあって、「ぱそこん」と縁遠くなっている。

川原で寝て、鳥の鳴き声で目を覚ます。
そんな日々です。

眠りにつくころに、地元の警官がやってきて、職務質問をされて、荷物を漁られて、いらいらして、ギターを弾いて、そんで眠る、というような日々です。

鳥というのは、鳴き声、というか歌(ウタ)で自分の存在をアピールするらしくて、最近はウグイスが盛んに鳴いて(泣いて)いる。

自分より上手く鳴く鳥には自分の縄張りをあけわたすらしい。だからこそ、必死に鳴いているのです。

人間における、いい歌を歌う人に対しての無条件の敬意というのは、こういうところからきているのではないかな、とも思うのですがどうでしょうか。

政治のことはからっきしわからないし、わかりたいという気持ちもわかないですが、政治よりも、ダイレクトに人間に響くものがあるはずだと思っています。

そうでなければ、音楽なんてものは無くなっていてもおかしくないはずですし……。

ころころと、総理が変わったとしても、ころころと変わらない何かはきっとあるはずです。



追記 1

今の音楽の形態がどうであれ(CDが売れる、売れないとかの話ではなく、それが、ダウンロードという方式に変わったとしても音楽が必要だとされていることに変わりは無い)人間が音楽を求めていることに変わりはないと思う。

音楽というのはそれほどまでに「根源的」なのだと思う。

追記 2

「鳴く」を「泣く」と書いたのは、以前ある人に、「人が歌うというのは、泣くことと一緒だ」と言われたからだ。



RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ