2014.12.31 943 『馬鹿どもの執拗な踊り。』

12 31, 2014 | 日記2014

0

・2014年も終わろうとしている。2015年の始まり。年号が変わっても、相も変わらず、問うを続ける。ことを続ける。ただただその最中にいる。城に辿り着くことが目的ではない。足を前に繋ぐ。その行為の最中に。


・知って得する知識。多数の利益になるもの。そういう類いの知識の氾濫する時代に。こそ。誰の得にもならないもの、誰の利益にもならないもの、誰の役にもたたないもの。そういうものをこそ知らなければならないのではないか。

 芸術を、音楽を考えること、行為し続けること。そこで生まれたものなど、何の、誰の役にもたたない。何の、誰の役にもたたないことを、考え、行為し続ける。馬鹿どもの執拗な踊り。は、終わらない。わたしはそんな馬鹿でいい。

2014.12.30 942 『小さな跡を残していく』

12 31, 2014 | 日記2014

0

・大晦日も仕事の覚悟でいたけれど、結局今日が仕事納めになった。最近は車の中ではずっとニーナシモン「and piano」ばかり聴いている。朝も夕方も。メロディーもリズムも輪郭がはっきりしているわけではないから、一緒に歌おうとすると毎度つまずく。その度にこれがニーナの息づかいだ、と感じる。よく聴くとピアノのミスタッチがあったり、ためらいやつまずきがあったりする、それを含めての演奏。聴き続けていて、飽きることがない。

・熟んだ柿の実の、葉を散らした木にすぐには数えきれないほど成る姿は、白一色の畑の中で際立っている。その実をヒヨドリたちがつつき、電線には雀の群れが停まり、鳴き声を交わす。セキレイが一羽、廃棄されたセリの葉の上で軽いステップを踏みながら舞う。水気の多い雪が隣でセリを引く男のシャツに溶け、小さな跡を残していく。

2014.12.29 941 『鳴き声』

12 30, 2014 | 日記2014

0

・鳴き声。見上げるとセリ田の上を二羽の白鳥が北へ向けて飛ぶ。製紙工場の煙突から煙が昇っている。

・上手いとか下手とか、そういうステージから降りる。そんな評価欲しさのためにこの場所にいるのではない。

2014.12.28 940 『本物はためらいながら描くもんだ』

12 28, 2014 | 日記2014

0

・そうそう、と思う。

【前にも書いたかな? 「なんでも鑑定団」で日本画を鑑定する人が、「この絵の線にはためらいがあるからニセ物だ」と。本物はためらいながら描くもんだ。ニセ物は本物に見せるために、サッとためらわないで描く。】横尾忠則

・ためらいの集積。やる側の人間にしかわからないことがある。ライブだってそう。

2014.12.27 939 『祈りにも似た』

12 28, 2014 | 日記2014

0

・田の泥に足が沈む。
 セリと振る手の産むしぶき音。
 世界と身体の接する点。

・世界と、
 わたしとの擦れる点
 その一部であるわたしの
 あえて意識の向く点
 それらの奏でる音
 祈りにも似た
 

Next Page »

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ