2016.4.16 1309 『Bar Tarjiにてライブ』

04 19, 2016 | 日記2016

0

・山形市七日町Bar Tarjiにてライブ。マダムギター長見順さん&岡地さん、少太さん、と。

・長見さんと岡地さんの演奏は、今年体験したライブの中で、一番ライブだったんじゃないか、と思う。一番よかった、とか、一番印象に残っている、とかそういうことではなく、文字通り「一番ライブ」していたんじゃないか、二人の掛け合いと、その場で生まれた何かに耳を澄ませながら、お互いの呼吸を感じて、演奏を一つずつ紡いでいく、というような、ぼくの考える「ライブ」というコトバのライブ。

2016.4.15 1308 『ボブディランのことばかり書いている』

04 17, 2016 | 日記2016

0

・ボブディランのことばかり書いている、書き足りてはいない、日記のような短いものには書ききれない、書ききれない、というより、書きながら考えて、コトバを紡ぐのだから、書ききれないのではない、「書く」という行為を持続させる何か、ディランとはそういう対象なのだということだ。

2016.4.14 1307 『オリジナルだとか、カバーだとか』

04 17, 2016 | 日記2016

0

・ちょうどラジオで、一週間を通してボブディランの特集をしていた、ディランの曲が既にクラシック、スタンダードになっている、といっていて、そうだな、と思う、もうオリジナルだとか、カバーだとか、そういう区分けはほとんど意味をなさない。

2016.4.13 1306 『「風に吹かれて」で終らせない』

04 17, 2016 | 日記2016

0

・ボブディランのライブ、アンコールで「風に吹かれて」を演奏した、前回とはまた違ったアレンジで、この曲で終わりかと思ったのは、前回がそうだったからだが、この日はもう一曲、アルバム「タイムアウトオブマインド」から「ラブシック」を演奏した、

 「風に吹かれて」で終らせない、客が演奏してほしいと思っている曲で終らせない、この凄み、「ラブシック」を知ってる人が会場でどれだけいたか、

2016.4.12 1305 『塊(かたまり)』

04 13, 2016 | 日記2016

0

・現ディランは、「ボブディラン」という名前を持つ一人の人間の、個人の活動というより、あのバンドのメンバー全員をひっくるめた「ボブディラン」という塊(かたまり)、

 あれは塊だった、(前回もそう思ったが、どうしても初めてということもあって、目の焦点はディランに向かっていた、いや、そんなこともない、ぼくはドラムを見ていた、それから、バックバンドのメンバーの音の凄さにも耳を奪われたのだけれど——)

・何を書いているやらわからなくなった、

・ディランはバンドのメンバーにソロのパートをほとんど与えない、メンバー紹介なんてものも、もちろんない、客が求めていること、を計らない、というより、あえて無視する、

 ああ、ちがう、音の塊のことを書こうと思っていたのだ、、、

Next Page »

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ